2019年02月08日更新

ツインテールは優しい薄毛改善ができるがAGAはムリ

ツインテールの女の子ツインテールによって薄毛になることもあります。
これは牽引性脱毛症といって、髪を縛って引っ張ることで薄毛になる症状です。
男性でもツインテールをしてはいけないことはありませんが、主に若い女性がなることが多いです。
圧倒的に未成年の女性がなる症状で分け目付近が薄毛になります。
この改善方法は、引っ張ることをやめることです。
比較的優しい改善方法になりますので、誰でもすぐにできる改善方法になるでしょう。

一方AGAになればそうはいきません。
AGAは薄毛を促進させる男性ホルモンが産生されて起きる症状であり、ツインテールのように何かをやめることで改善することは不可能です。
まず原因となっている男性ホルモンの産生を抑えることから始める必要があります。
原因となっているジヒドロテストステロンの産生を阻止する医薬品がプロペシアです。
フィナステリド錠が含有されている医薬品で、AGA治療を始めるときに、必ずといっていいほど処方を受ける医薬品になります。

この医薬品は飲む育毛剤と言われており、発毛剤ではありません。
ただ育毛剤になることから、今まで男性ホルモンの影響を受けて髪が細くなっている人が濃くなり、結果増えたように見えることがあります。
頭皮が透けてみるような症状ではない場合、プロペシア等の医薬品を服用するだけで改善する期待を持てます。
頭皮が透けていたり、明らかに頭髪の本数が少なくなっている場合は、発毛剤が必要です。

よって早ければ早いほど、治療を開始すれば改善する可能性が高いです。
また発毛を施すといっても、時間が必要になりますので、抜け毛が増えたときにこそ対処をすることがAGA治療に求められます。
早い対処を行いましょう。

関連記事